高級ミニバンの代名詞のアルファードですが、その中でも格段に高級なグレードと言えばアルファードロイヤルラウンジです。

一般庶民には中々手が届かない価格帯なので「憧れ」ですよね^^!

気になるのは、通常のアルファード以上の機能や装備が充実している点ではないでしょうか?

 

「新車は無理でも、せめて中古で何とか乗れないかな??」

「中古だと新車肉レベルと見劣りしちゃう?周りの評価は??」

 

そう思ってませんか?

もちろん中古でも多少ですが台数は存在しますが、高値をキープした状態が続いています。

そこで、今回はアルファードロイヤルラウンジ中古車の評価や価格はお買い得なのか?調べてみました^^

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今更聞けない、アルファードロイヤルラウンジとは?

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/738/095/html/10.jpg.html

冒頭でも少し紹介しましたが、アルファードロイヤルラウンジ価格はずば抜けて高いのはご存知でしょう。

「日本の美意識に根ざした、究極のおもてなし空間」がコンセプトとなっており車内が各段に豪華になっています。

アルファードロイヤルラウンジはエアロパーツで有名な「モデリスタ」が完全プロデュースするコンプリートカーです。

実はモデリスタ、正式名称は「株式会社 トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」となっており正真正銘トヨタブランドのコンプリートカーです。

エアロの出来栄えを見ても一流で非の打ち所がないほどのクオリティーを持つ実力の持ち主が作るコンプリートカーですので価格相応の仕上がりとなっています。

アルファード最上位グレードのエグゼクティブラウンジよりも上のグレードとされており、新車価格もエグゼクティブラウンジより2倍以上とかなりの高額となっています。

高級ミニバンであるアルファードロイヤルラウンジを愛用している芸能人はアルファードロイヤルラウンジsp愛用の芸能人は〇〇!真相は!?で書いているので合わせてご覧ください^^

アルファードロイヤルラウンジの気になる装備は?

アルファードロイヤルラウンジ価格は度肝を抜くような価格ですが、装備されている機能は充実しています。

ではアルファードロイヤルラウンジの気になる装備をご紹介しましょう。

セカンドシートがマッサージ機搭載

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

まず目に飛び込んでくるのは飛行機のファーストクラスと思うほど豪華なセカンドシートではないでしょうか?

重厚なシートになっており、高級感も増していますが、目玉ポイントはこのシートにマッサージ機能が搭載していることではないでしょうか?

しかもマッサージ機はあの有名なFUJI医療器との共同制作と言うことで機能、質など文句の付け所が無いほどです。

移動中にマッサージチェアーに座れるほど優雅なことは無いと思います。

リアエンターテイメントシステム

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

セカンドシートに座るとまず真っ先に飛び込んでくるのは24インチ液晶テレビではないでしょうか?

ロイヤルラウンジですと、フロントの運転席、助手席の間にパーテーションが区切られ、テレビが搭載されています。

音響もJBLプレミアムサウンドシステムの搭載しており、もはやシアタールームに居るような空間となっています。

また、リアエンターテイメントシステムの下側には冷蔵庫も常備されており、いつでも冷えた飲み物を飲むことが可能です。

空調パネルの大幅変更

引用:https://autoc-one.jp/news/2424609/photo/0010.html

こちらも大幅な変更がされています。

通常エグゼクティブラウンジではセカンドシート側での空調調整はボタン式でしたが、ロイヤルラウンジとなると、空調操作がタッチパネル操作となっています。

テレビの操作はもちろん、マッサージ機の操作、シートコントロールなど様々な機能が搭載されています。

 


スポンサーリンク


アルファードロイヤルラウンジ中古車はお買い得?

引用:https://clicccar.com/2016/01/24/348391/royallounge_1u3z1811/

アルファードロイヤルラウンジ中古車は人気があり品薄の状態が続いています。

現在販売されているロイヤルラウンジをご紹介しましょう。

アルファード30系 前期 ハイブリッド ロイヤルラウンジSP

年式 2016年式

走行距離 2万キロ

修復歴 無し

車体本体価格 998万円

総支払額 1028万9千円

30系前期のロイヤルラウンジです。

走行距離も2万キロと低く車体本体価格も998万円となかなか手が出ない価格ですが、前期タイプがお買い得になっています。

新車の場合1500万円はする車両ですので比較的まだ安い分類となっています。

 

アルファード30系 後期 ハイブリッドロイヤルラウンジ エグゼクティブラウンジ

年式 2018年式

走行距離 5キロ

修復歴 無し

車体本体価格 1500万円

後期型となりロイヤルラウンジからエグゼクティブラウンジへと名称が変化しました。

新古車での販売となりますが、こちらの中古車1カ月もしないうちに売れてしまい現在は販売されておりません。

後期のロイヤルラウンジは人気があり、納車待ちが続く中ですのでもし中古車として販売されてもすぐに売れてしまいます。

 

 


スポンサーリンク


アルファードロイヤルラウンジの価格は?気になる評価は?

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14104489/

次はアルファードロイヤルラウンジ価格と評価を見てみましょう。

まず、価格ですが、アルファード最上位クラスのエアロボディー、ハイブリッドのエグゼクティブラウンジで750万2千円に対し、ロイヤルラウンジですが、ハイブリッド、エグゼクティブラウンジ、ロイヤルSE-Fourで1580万5800円と通常のエグゼクティブラウンジ2台分以上の価格となっています。

エグゼクティブラウンジだけでも十分高価に思いますが、それ以上にロイヤルラウンジが高いのは驚愕の値段です。

しかもこのロイヤルラウンジ発売から2週間で43台もの受注を受けているそうで売れ行きが好調なのが伺われます。

最も需要があるのは企業が社用車としてエグゼクティブラウンジやロイヤルラウンジを購入するケースが多いです。

これまでは社用車と言えばセダンタイプが多かったですが、現在は荷物も大量に乗り、広々とした空間が企業でも人気を集めており、セダンタイプからエグゼクティブラウンジやロイヤルラウンジに乗り換える企業が多いです。

次は気になるアルファードロイヤルラウンジの評価を見てみましょう。

アルファードロイヤルラウンジ気になる評価


アルファードロイヤルラウンジはセカンドシートがメインのような車ですのでフロントシートは狭めになります。

セパレートの影響で運転席、助手席のシートのスライド感覚が狭くなり運転しにくい状態となります。

元々、VIP対応な要人などの専用設計となっていますので運転する楽しみと言うよりも、セカンドシートに座って優雅に移動するのがピッタリです。

もう一つあえて言うと、燃費には期待できないでしょう。

大型のサンルーフに仮装品など相当の重量アップとなりますので燃費はベースグレードのアルファードと比較しても悪くなるでしょう。

しかし、ロイヤルラウンジを購入出来るほどの余裕があれば燃費も気にもならないとおもいますが。

 

 

アルファードロイヤルラウンジ、中古車、価格、評価まとめ

アルファード史上最高級のロイヤルラウンジですが、中古車の台数共に少ない状態が続いています。

ベースとなる新車が納期待ちが続く大人気ですのでロイヤルラウンジも決して例外ではなく納車待ちとなってしまいます。

正直1500万円オーバーの車と聞くと需要を感じなく思いますが、企業などでは圧倒的に人気で社用車として使われていることにも驚かされました。

今後もロイヤルラウンジは販売され続けると思いますのでフルモデルチェンジ後のロイヤルラウンジもますます気になる所です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!