納車3カ月待ちと現在も人気を集めている30系後期アルファードですが、購入を考えている方は口コミが気になりますよね。

価格もベースグレードで300万円オーバーと高価なアルファードですが、3カ月待って、思うような機能じゃなくガッカリすることなどありますね。

そこで今回はアルファードマイナーチェンジ後の口コミや、マイナーチェンジ後の価格、人気グレード、さらにアルファードマイナーチェンジ値引きのコツなどご紹介しましょう。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファードマイナーチェンジ後の口コミは?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

人気も上々で一番気になるアルファードマイナーチェンジ口コミを見て行きましょう。

40代 Aさんの口コミ

〇走行性能

購入したのは3.5モデルですので加速性能は期待通りです。V6301馬力の実力は圧巻です。
高速道路走行でも楽々運転が出来て非常に楽です。

〇乗り心地

市街地での乗り心地、高速走行時の安定性はミニバンにしては非常に良いです。

ただ、ミニバン特有の横揺れは健在です(笑)

〇燃費

3.5なのであまり期待は出来ません。

平均してリッター9ぐらいですのでまだいい方だと思います。

〇積載性

シートが大きくてかなりしっかりしています。

まさに高級ミニバンにピッタリのシートだと思います。

7人乗り購入ですが、サードシートを畳むとかなり荷物が載って便利です。

実用的にも十分でゴージャス感がかなり気に入っています。

〇満足している点

構造自体は依然ヴェルファイアを乗っていましたので期待通りでした。

エンジンは直4からV6に変更になりましたので上質なエンジン音や安定感は増しています。

安全装備も前期型と比較しても充実しており、より安全に運転できるよう配慮されています。

3カ月以上待って購入しましたが、期待を裏切らない装備と性能で大満足です。

 

30代Bさんの口コミ

〇走行性能

以前にライバルのミニバンに乗った事がありますが、2.5リッターモデルで加速が悪くアクセルはベタ踏みが多かったですが、アルファード2.5ガソリン車は格段にパワーがありベタ踏みするケースがないです。

アクセルレスポンスも良く、高速などの合流での加速性も良くストレスをあまり感じません。

ハイブリッドも試乗しましたが若干のパワー不足を感じ、2.5リッターモデルのガソリンエンジンにしました。

予防安全装備のレーントレーシングアシストは急なカーブでも自動でハンドルを切ってくれるので運転が楽になりました。

レーダークルーズも搭載で高速道路での走行も楽に運転出来ます。

〇乗り心地

静粛性はかなり良く、ロードノイズを拾いにくい構造になっています。

また、段差などでの突き上げもショックで抑えてくれるので変な突き上げ感は無く乗り心地も良いです。

ライバル車を乗っていましたが、乗り心地はアルファードが各段に上です。
〇燃費
2.5モデルで市街地リッター7前後は優秀だと思います。
高速走行ではリッター10を超える場合もありかなり燃費は改善されているように思います。
〇積載性
サードシートを跳ね上げるとかなりの積載容量を稼ぐことが出来るので家族での帰省時などは便利です。
セカンドシートを一番前まで持って行くと車中泊出来るほどのスペースを確保できるので満足です。
〇満足している点

前期型と比較しても格段に高級感が増した所ですね。

ベースグレードでも十分高級感を感じ、車内も納得の作りだと思います。

純正のスピーカーも出来はかなり良いです。繊細な音も拾うほど解像度があり、純正としては申し分はありません。

〇総評

唯一の欠点と言えば車両価格が高いこと以外は大満足です。

 

アルファード マイナーチェンジ 口コミを見ても外装、走行性能、乗り心地共に大満足の声が多く見られました。

唯一の欠点と言えば車両本体価格が高めの設定ですね。

 


スポンサーリンク


アルファードマイナーチェンジ後の価格は?人気はどのグレード?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファード マイナーチェンジ 価格をご紹介しましょう。

30前期型と同じですが、ボディー形状が大きく二つに分かれ、標準ボディーとエアロボディーの2種類に分かれます。

標準ボディーのベースグレードとも言える「グレードX」は車両本体価格335万円~、エアロボディーのベースグレード「グレードS」は車両本体価格369万円~と20系アルファードと比較しても100万円近く値上がりを見せています。

特に標準ボディーのエグゼクティブラウンジは別物で、車両本体価格も703万円~と非常に高額な設定になっています。

次の項目ではアルファード30後期の人気グレードをご紹介しましょう。

アルファード30系人気のグレードは?

アルファード30系でまず選択肢となるのは上記でもご紹介しました標準ボディーとエアロボディーです。

エアロボディーは標準ボディーより30万円ほど高い設定となっていますが、フロントマスクもシャープな印象がありエアロボディーの方が人気を集めています。

また、エンジンですが、2.5リッター、3.5リッター、ハイブリッドとありますが、やはり人気は2.5リッターに軍配があがります。

20系と同じく3.5リッターは維持費が高くなり、中古車市場でもあまり人気が無い為、乗り換えの時を考えて2.5リッターを選ぶ方が多く感じます。

ハイブリッドですが、リッター10以上は出るものの、車両本体価格が400万円台となり、なかなか選ばれることが少なくなっています。

一番の人気はやはり2.5リッターモデルでエアロボディー、グレードはS”Cパッケージ”が一番の人気があります。

また、エグゼクティブラウンジ標準装備の3眼ヘッドライトが人気で、S”Cパッケージ”にオプション装備として装着するのが主流となっています。

値段もハイブリッドのベースグレードより安く機能を充実することが出来る為、このグレードが選ばれています。

 


スポンサーリンク


アルファードマイナーチェンジ値引きのコツ教えます!

 

現在アルファード30系後期は納期3カ月待ちの状態が続いており、値引きもあまり見込めない状態が続いています。

車両本体価格で10万円、オプション装備で15万円の値引きが合格ラインと言われますが、なかなか値引きがはかどらない場合があります。

そこで、アルファードマイナーチェンジ値引きのコツをご紹介しましょう。

〇トヨタ系列4社で競わせる

現在アルファードの販売チャンネルがトヨタ系列4社になっています。

メーカー直営の店舗もあれば、地方系のトヨタなど全くの別会社と思っても良いでしょう。

他店に取られるぐらいなら薄い利益でも売りたいと思うのもありますのでトヨタ系列4社で競わせるのはベストです。

 

〇値引きの大目玉は3月にあり

上記の方法と組み合わせてもらいたいのが、購入する月です。

3月は下期の決算月となっていますので売り上げ目標に届いていない店舗などは必死です。

現在はまだ納車待ち状態が続く中、一番希望があるのは3月の決算月が一番の狙いと言えるでしょう。

また、来店する曜日も土日など人が多い場合、商談が思うように進まない場合がありますので、出来れば平日の昼間などを狙ってみるのもおススメです。

アルファードマイナーチェンジ口コミ、価格、人気グレード、値引きのコツまとめ

アルファードマイナーチェンジ口コミを見ても不満に思う点が少なくやはり人気の高さを感じます。

各オーナーさんも納車待ちをストレスと感じず、楽しみに愛車の到着を待っているイメージを持ちました。

現在は全グレード納車待ちとなっていますし、値引きもあまり見込めない状態ですが、これからの決算月など従来の値下げ以上に値下げ額を叩き出す可能性もありますので是非狙ってみてはいかがでしょうか?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!