アルファード20系はカスタムも人気がありますが、何よりも中古価格が安い今が購入のチャンスと言えるでしょう。

特に内装カスタムが人気があり多種多用なバリエーションがあるのが特徴です。

そこで今回はアルファード20系のタイヤサイズ、装着出来るおススメタイヤ、さらに20系の人気内装パーツなどご紹介しようと思います。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード20系のタイヤサイズは?

引用:http://www.gooparts.com/shop/s4200226/p4200226D30130424002.html

アルファード20系のホイールは16インチから18インチまでバリエーションが存在します。

勿論ホイールの大きさが違うとタイヤのサイズも違う為、専用のタイヤが存在します。

そこで通常ホイールに目線が行く物ですが、今回は陰に隠れたタイヤ事情をご紹介しましょう。

まずはタイヤの見分け方をご紹介

タイヤ側面には大さやサイズなどの記載があります。

例を取ってアルファード16インチタイヤの記号で見てみましょう。

16インチの場合、215/65R16と記載があります。

まず、215ですが、タイヤの幅を示します。

ホイールではJ数が幅に値します。

次の65ですが、偏平率を指します。

偏平率はタイヤの断面幅÷断面高さ×100で計算されます。

タイヤ交換の際はこれらの数値を合わせることが重要となります。

〇アルファード20系のタイヤサイズは?

アルファード20系のタイヤサイズを見てみましょう。

16インチの場合、215/65R16

17インチの場合 215/60R17

18インチの場合 235/50R18

となっています。

16インチ、17インチ共にタイヤ幅は同じですが、18インチの場合タイヤ幅が大きくなっています。

次の項目ではアルファード20系の装着出来るタイヤをご紹介しましょう。

 


スポンサーリンク


アルファード20系の装着出来るおススメタイヤは?リーズナブル?消音?燃費?

引用:http://www.hotroadkaitori.com/buy/3115

アルファード20系のタイヤ選びは重要です。

乗り心地を向上させるタイヤ選びや、燃費性を上げるタイヤ、通常よりもリーズナブルなタイヤなど様々です。

そこでアルファード20系で装着できるタイヤの種類をご紹介しましょう。

タイヤの種類をご紹介

タイヤの種類として一番分かりやすいのがサマータイヤとウィンタータイヤではないでしょうか?

通常サマータイヤをラジアルタイヤ、ウィンタータイヤをスタットレスタイヤと呼ばれておりこちらの方が認知度が高いと思われます。

その中でもラジアルタイヤでは機能別に分けて分類することが可能ですので見てみましょう。

〇コンフォートタイヤ

ノーマルタイヤと比較しても消音に優れており、乗り心地を向上するタイヤの分類と言えるでしょう。

高級車などに起用されており、価格は割高ですが、ロードノイズの低減など機能的に優れた点もあります。

 

〇エコタイヤ

タイヤと地上の接地面の抵抗を少なくすることが可能となるタイヤです。

燃費の向上につながりますが、通常のタイヤよりも少し割高なタイヤの為、長く使えるようメンテナンス等が必要になります。

各メーカーで違いますが、燃費2.8%向上など機能面に優れたタイヤと言えるでしょう。

 

〇スポーツタイヤ

コーナリングなどのグリップ性能を高めたタイヤです。

走りに特化したタイヤと言えますが、ウェット(雨など)時は機能が低下する傾向があります。

値段もかなり高額ですし、街乗り仕様ではもったいないほどのタイヤです。

 

〇リーズナブルタイヤ

新車購入時装着されているタイヤは国産のタイヤで割高です。

ここで言うリーズナブルタイヤとは、海外系のタイヤメーカーのことを指します。

ハンコックやクムホなど通常の国産タイヤと比較してもリーズナブルに交換できるメリットがあります。

しかし、中には異常空気漏れ、タイヤの摩耗が異常に多い、タイヤなきなど当たりハズレがあるのも現状です。

 

タイヤを長持ちさせるには?

タイヤの寿命と言うと、溝にあるスリップサインで見分けがつきます。

スリップサインが出ていると車検も通らなくなりますので車検時には必ず交換が必要になります。

そこでタイヤを少しでも長持ちさせる方法をご紹介しましょう。

〇ラジアル、スタットレスの使い分け

ラジアルタイヤとスタットレスタイヤの使い分けによりタイヤの減る量を均等に出来る為おススメです。

市街地ではあまり雪が降らない所でも冬場スタットレスタイヤを装着することにより、もしもの時に備えることが可能です。

 

〇タイヤローテーション

タイヤを長持ちさせる為に必須です。

一見前後タイヤ均等に減っているように思われがちですが、実は前輪の方が減りが各段に速いのです。

また、一度もローテーションをしない場合、前輪のみスリップサインが出ている場合でも車検に通らなくなります。

目安としましては1年に1度タイヤローテーションをおススメします。


スポンサーリンク


アルファード20系の人気内装パーツは?

次にアルファード20系の人気内装パーツをご紹介しましょう。

人気内装パーツ1 取付簡単!ダッシュボードパネル

引用:https://item.rakuten.co.jp/auc-kansai/10004375/

やはり人気なのはダッシュボードパネルではないでしょうか。

ダッシュボードパネルは両面テープで固定するだけと比較的簡単に装着出来る為、人気を集めています。

また、両面テープも3Mの強力な物が採用されており、取付後のトラブルも少なくおススメです。

価格は19280円と内装パーツとしては少し値段は張るものの見た目をガラリと変えるアイテムですのでおススメです。

 

人気内装パーツ2 実用的でカスタム性にも優れたLEDルームランプ

こちらも内装カスタムには欠かせないアイテムですね。

通常は電球が装着されていますが、決して明るいとは言いにくい点があります。

昼間はあまり気にもならないですが、夜にルームランプが暗いと探し物などの時も一苦労です。

そんな時にLEDルームランプの交換をおススメします。

LEDルームランプは汎用の物からアルファード20系専用設計の物までありますが、おススメは専用設計の物です。

明るさも格段に違いがあり、隅々までLEDが配置されていますのでおススメです。

 

人気内装パーツ3 足元もドレスアップ!フロアマット

あまり気にならない部分と思われがちですが、車に乗り降りする際は目線が行く部分がフロアマットです。

純正と同サイズでフィット感も良いのでフロアマットの柄を変えたり、色を変えたりと自由度はかなりあります。

ダッシュボードなどの黒と同色をフロアマットに起用し引き締まった印象を持たせることも可能ですのでおススメです。

 

 

アルファード20系タイヤサイズ、おススメタイヤ、人気内装パーツまとめ

アルファード20系のタイヤ選びは重要なポイントです。

ホイールのインチ数が大きくなればなるほどタイヤの価格も上がり高価になりますが、海外製のリーズナブルタイヤに変えてみるのも良いかもしれません。

かと言う私は海外製タイヤを履き続けていますが、致命的な欠点もありませんので問題ないと判断しています。

減りの多さを左右するタイヤローテーションをこまめに行うことによりタイヤの寿命を延ばすことが可能ですし、空気圧などもタイヤの寿命に関係する点ですので日常のメンテナンスが重要となります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!