30系後期の登場により初代型の10系は中古車市場では大幅に値下げが進んでいます。

昔憧れていたが、高すぎて手が届きにくいグレードも現在ではリーズナブルに購入するチャンスがあります。

そこで今回はタイヤ交換などで役に立つアルファード10系のタイヤサイズ、DIY必見のインパネの外し方のご紹介、さらに、内装関係のカスタム時に必要な工具などご紹介しましょう。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード10系のタイヤサイズは?

引用:https://carinfo.click/alphard/10-tire-size

アルファード10系では3000CCモデル、2400CCモデル、ハイブリッドと3種類ありホイールのバリエーションも違いがあります。

そこで、各モデル別でタイヤサイズを見てみましょう。

〇アルファード10系ハイブリッドの場合

アルファード10系ハイブリッドの場合全グレード共通で、タイヤサイズも205/65R16 95Hのみの設定です。

また、グレード共通でホイールも16インチアルミホイールが装着されているグレードです。

 

〇アルファード10系ガソリンモデルの場合

アルファード10系Gグレードには3パターンのホイールとタイヤが用意されています。

タイヤサイズを見て見ますと205/65R16 95Hと205/65R17 95Wの二種類存在します。

ホイールサイズを見ますと16インチと17インチの2つの設定があります。

 

アルファード10系のタイヤサイズをまとめてみましたのでタイヤ交換時などにご活用ください。

・ハイブリッド、ガソリン共に16インチの205/65R16 95H

・上級グレードの17インチ装着の場合は205/65R17 95W

 


スポンサーリンク


アルファード10系インパネの外し方をご紹介!

引用:http://www14.plala.or.jp/yamakow/car11.html

スピーカーの増設やETCの装着などで外す場面や、少し上級でナビの取り付けなどで必須となるインパネの取り外し方をご紹介しましょう。

まず大まかな手順をご紹介します。

① シフトレバーを外す

② ギアをニュートラルの位置にする

③ 各勘合しているツメを外してインパネを外す

④ 裏のエアコンパネルのカプラーを抜く

項目的には以上の流れです。

では一つづつ詳しく見てみましょう。

①シフトレバーを外す

引用:http://www14.plala.or.jp/yamakow/car11.html

シフトレバーが付いている状態ではインパネを外す際に干渉して取れなくなります。

シフトフォークはインパネ側に残る部品の為必ず外すことが必要です。

シフトレバーの外し方は比較的簡単で、反時計回りに回すだけで取り外しが可能です。

②ギアをニュートラルの位置にする

引用:http://www14.plala.or.jp/yamakow/car11.html

シフトレバーを外す前でもどちらが先でも大丈夫です。

パーキングの位置で取り外しを行うとシフトレバーとインパネが干渉してしまいます。

その為事前にパーキングの位置にシフトを移動させる必要があります。

シフトレバーの移動方法ですが、ACCをONにする状態でも可能ですし、シフトアンロックボタンを押して解除することも可能です。

余談ですが、シフトアンロックボタンが取り外す際無くなってしまう場合があるみたいです。

シフトレバーをニュートラルの位置にしたらマスキングテープなどでシフトアンロックボタンを固定して無くならないようしましょう。

③各勘合しているツメを外してインパネを外す

引用:http://www14.plala.or.jp/yamakow/car11.html

アルファードのインパネはビスやボルトで固定されておらず、ツメで勘合されている状態です。

まず、インパネ側のシルバーとダッシュ側のグレーの間の隙間にヘラなどを突っ込んで外します。

ここでポイントなのが傷をつけないようダッシュボード側、インパネ側両方を養生するのがポイントです。

養生でガムテープを使われているケースもありますが、ガムテープですと粘着がダッシュボードやインパネに残ってしまうことがあり取るのも一苦労します。

粘着性の弱いマスキングテープなどが最適で傷防止に役立てますのでおススメです。

④裏のエアコンパネルのカプラーを抜く

アルファード10系のインパネには6個のカプラーが接続されています。

エアコンパネルのカプラー、シガーライター、シートベルト警告灯などがあります。

カプラーの取り外し方ですが、どのカプラーもツメが存在しており、ツメを押すことにより引き抜くことが可能です。

決して力任せに引っ張るのは止めましょう。

ポイントはツメの箇所にマイナスドライバーなどを押し当てて引き抜くか、ペンチなどで優しくつまんで引き抜くかです。

 


スポンサーリンク


アルファード10系のインパネを外す際の工具は?何が必要?

アルファード10系のインパネを外す際の工具などをご紹介しましょう。

取り外し作業としましては、プロ、アマはあまり差が出ないですが、プロとして大事にしている点があります。

「プロは作業が速い」、「何でも知り尽くしてて失敗が無い」とお思いでしょうが、半分正解です。

私が思うプロは「いつどんな作業をしても失敗することが少ない」が一番の根底にあると思います。

作業の速さは人それぞれですが、プロとなると失敗する場合を覚えている為軽減しようとします。

プロが思う失敗でも素人が見るとどこが失敗したのか分からないほどのクオリティでする業者もいらっしゃいます。

そんな業者を見習ってインパネを外す際の必要な工具を見てみましょう。

〇マスキングテープ、養生

自分の車でDIYをする際は失敗しても仕方ないと思いがちですが、出来る限り失敗したくないですよね。

人間誰でも失敗する物ですので失敗した時のリスクを考えてマスキングテープなどで養生することをおススメします。

ポイントは作業するポイント以上にマスキングテープを貼ることです。

ふいに手に持っていたドライバーでインパネを傷をつけてしまった、などの場合もありますので広めに養生することをおススメします。

〇パテベラ

隙間などをこじる時、マイナスドライバーですと隣接パネルを養生していても貫通してしまい傷をつけてしまいます。

そんな時はパテベラをおススメします。

硬さも白色のハードタイプのパテベラと青色のソフトタイプ両方をおススメします。

隙間などを広げる場合は白色のハードタイプのパテベラを差して行き、決してこじないことが大前提です。

青色のパテベラはそれでも頑固に止まっている箇所を剥がす為、マイナスドライバーと併用して使います。

ダッシュボード側に青色のヘラをあてがい、ゆっくりとマイナスドライバーを差し込むだけです。

勿論パテベラで脱着の際も養生が大前提ですので忘れず行いましょう。

 

アルファード10系タイヤサイズ、インパネ外し方、外す工具まとめ

アルファード10系のインパネの外し方はドレスアップにも使える技の一つですので覚えていても損は無いと思われます。

素人でも、手順、要領を正しく守ると比較的簡単に外すことが出来ますので是非チャレンジしてください。

また、必要な工具の箇所では通常はトリム外しなどが取り上げがちですが、意外と使えるのがパテベラです。

かと言う私もトリム外しを買って作業していましたが、今ではパテベラの方が使い心地も良くリーズナブルな為多用しています。

その他にもおススメアイテムもございますので次の機会がございましたらご紹介します。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!