アルファード10系が中古車市場でもお買い得になった現在ですが、裏ワザがあるのはご存知でしょうか?

ゲームの攻略のような感じに思われがちですが、実は隠し機能のことを指します。

どの裏ワザも大掛かりな機材も必要なく、手元で操作したり、DIY感覚で行うことが可能な物ばかりです。

そこで今回はアルファード10系前期の裏ワザ、10系後期の裏ワザ、さらにアルファード10系の前期、後期裏ワザ比較をご紹介しましょう。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード10系前期の裏ワザとは?

引用・http://kuruma-hack.net/alphard10-kai/

アルファード10系の裏ワザと聞くと頭の中が?だらけになりましたが、調べて行くうちにアルファード10系に裏ワザが多数存在することが判明しました。

そこでこの項目ではアルファード10系前期の裏ワザをご紹介しましょう。

〇走行中のテレビ鑑賞

純正オプションのナビゲーションの場合、走行中はテレビが見れないようされています。

現在のナビゲーションの形式とは異なりますが、10系の時代ですと、ナビゲーションの車速パルスをアースに落とすことで走行中でもテレビを見ることが出来ます。

専用のキットなどもリーズナブルな価格で販売されているのでDIYでも作業することが可能です。

しかし、本来の目的はわき見を防止する為走行中はテレビを見れなくしている機能です。

同乗者がテレビを見る分には大丈夫ですが、ドライバーは運転に集中するようにしましょう。

また、自信が無い方は作業に手慣れた方に依頼するようにしましょう。

最悪、車内コンピュータをショートさせて破損させてしまうことがあります。

破損させてしまうと数十万は必要になりますので注意が必要です。

 


スポンサーリンク


アルファード10系後期の裏ワザとは?

引用・https://minkara.carview.co.jp/car/toyota/alphard_v/photo/

アルファード10系前期では1つだけでしたが、後期となると数多く存在します。

実用的な機能から解除すると危険につながる機能などもありますので自己責任でよろしくお願いします。

 

〇シートベルト警告音解除

前期型はシートベルト警告音が鳴る機能が無く、この機能も存在しない為、後期型専用の裏ワザとなります。

公道をシートベルトをしないで走行すると違反につながりますが、シートベルト警告音を解除することも可能です。

方法を以下にまとめます。

① キーをイグニッションOFFにする。

② キーをイグニッションONにする。

③ メーター内、右側にあるボタンを10秒間押し続ける。

④ メーター内、右側のボタンを押したまま、シートベルトをバックルに差し込む。

⑤ メーター内のモニターに「b-on」から「b-off」に変われば成功です。

(もし途中で間違ってしまった場合は手順①からやり直せば大丈夫です)

これで煩わしいシートベルト警告音は止めることが可能ですが、法律的にはシートベルトの装着は必須です。

シートベルト警告音をオフにしても走行時は必ずシートベルトをするようにしましょう。

 

〇ドアロック設定の解除

こちらも後期型限定となります。

アルファード10系後期には3つのドアロック機能が存在します。

走行中、時速20km以上になると自動的にドアロックがかかる「車速感応ドアロック」、事故などでドアの開閉が出来なくなるのを防ぐ「衝撃感知ドアロック解除」、そして、隠された3番目のドアロック機能が裏ワザとして挙げられています。

3番目の機能はシフトレバーをパーキングにすると自動的にドアロックが解除される「シフト連動オートアンロック」が隠されています。

上記車速をベースにロックがかかり、事故などでは自動的にアンロックになるものの、通常の運転方法では、運転席側のロックをアンロックする必要があるので煩わしい作業です。

社外オプション装備でシフト連動オートアンロック機能があるくらい便利な機能ですが、アルファード10系後期には搭載されている機能ですので是非解除しておきたい物です。

設定方法をまとめましたのでご覧ください。

① 運転席、助手席、左右スライド、ゲート全てのドアを閉める

② シフトレバーをパーキングの位置にする

③ キーをLOCK、又はACCからONにする

④ 10秒以内にリモコンキーの開錠側のボタンを5秒押し続ける

⑤ 5秒経過すると開錠ボタンから指を離す

(失敗した場合は運転席を一度開けて再度①の状態から始める)

こちらの機能は解除しても利点しかありませんので是非機能解除をおススメします。

 

〇遠隔ウィンドウ操作

ファミリーでショッピングモールなどに到着、いざ施錠して買い物に、と思いきやリアドアのガラスが空いていることはよくありませんか?

運転席、助手席ならドライバーの視界に入るので意識して閉めることも少ないが、リアドアは視界に入らない為、つい見落としになりやすいです。

もう一度開錠し、ACCをONにしてガラスを閉めるのも億劫ですよね。

しかし、アルファード10系後期では、スマートキーを使ってスライドドアのガラスを開け閉めする機能が存在します。

これで閉め忘れに気づいてもスマートキー一つで対処出来る為便利です。

やり方はいたって簡単で、スマートキーを3秒以上長押しするだけです。

真夏など灼熱状態の車内にすぐに乗り込むのではなく、事前に窓を開けることも可能です。

開けたいスライドに向かって立ち、スマートキーの開錠ボタンを3秒長押しするだけです。

逆に閉めたい場合は施錠ボタンを3秒長押しするだけといたって簡単な操作が可能です。

〇パワーウィンドウ初期化

通常では初期化する必要はありませんが、初期化が必要になる場合があります。

それは、バッテリーが弱っている場合など、低電圧でセルを回すとメモリーがリセットされる場合があります。

また、バッテリー上がりなどで、新しくバッテリーを交換した場合も同じ現象が起きます。

パワーウィンドウ初期化方法をまとめます

① ACCをONにする(この時ガラスはしまったままにする)

② パワーウィンドウスイッチの開ける側を押し続ける

③ 窓が全開時より2秒ほど長く押し続ける

④ パワーウィンドウの閉める側を押し続ける

⑤ ③と同様完全にしまってからも2秒ほど押し続ける

これでパワーウィンドウの初期化は完了です。

今すぐに必要になるのも少ないですが、いざと言う時は便利ですので是非覚えておきましょう。

シートベルト警告音は裏ワザと言える項目ですが、他の機能は機能的に役に立つ機能なので向上出荷時に搭載してもいい機能だと思いました。

 


スポンサーリンク


アルファード10系前期と後期裏ワザの数が違うのはなぜ?

裏ワザが比較的多く見られるのは前期型よりも後期型の方が集中しています。

前期は年式が古いからあまりないように思われがちですが、実は大きな違いがあります。

それは10系後期型では新しくボディーコントロールモジュールの追加が採用されています。

ボディーコントロールモジュールは以前まで単独で機能していた機能を全てを統括する役割を果たしています。

全てを統括している為、裏ワザ的要因も含むことが可能となり、いわば開発途中の機能も盛り込まれるようになりました。

 

アルファード10系前期裏ワザ、後期裏ワザ、裏ワザの数まとめ

前期型はナビ回りの裏ワザのみとなりましたが、後期型は多彩な機能が裏ワザとして存在します。

今挙げた裏ワザ以外にも存在しますが、一番アクセス頻度が多い裏ワザに特化してご紹介しました。

現在では当たり前の機能でも10系となると無いと不便に思う機能もありますので是非アルファード10系後期を購入の際は裏ワザを試してみてはいかがでしょうか?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!