アルファード20系と言えばカスタム車が目に付きますね。

フルカスタムしたエアロメーカーコンプリートの車両は圧巻の一言ですし、DIYでの改造にも目が離せない分野です。

どうこう言う私もDIYが大好きでちょこちょこ休みの日に作業しています。

そこで今回はアルファード20系カスタム中古車の人気の秘密や、これからDIYを始めようと思っている方にDIYは可能か、さらにDIYの実例集などご紹介しましょう。


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード20系カスタム中古車の人気の秘密は?

引用:https://item.rakuten.co.jp/sixthsense/11000990/

20系アルファードの中古車情報を見ているとよく目にするのがカスタム中古車です。

一見高そうに見えますが、ベースの車両価格を考えると比較的安いことに気づくはずです。

値段を上げている要因は何よりもエアロ、足回りなどのパーツが大半でベース車両の価格は控えめです。

カスタム中古車を選ばれている点は他にもあります。

それは、後々装着するよりも安くかつ完成した状態で手に入れることが出来る為人気があります。

まず、価格ですが、持ち込みで装着の場合、部品代、塗装代、取付工賃諸々が必要になりますが、カスタム中古車の場合ですと後々装着するよりも安く手に入るのが利点です。

また、後ほど装着する場合は愛車を預けての作業となりますし、すぐに作業にかかれる場合も少なく代車暮らしが続く場合があります。

最初から完成した状態で手に入るので後ほど自分で改造することも少なく費用も抑えれる為カスタム中古車が選ばれています。

さらに、購入時も車両と部品代一括でローンに組み込むことも可能ですので楽にローンの支払いも可能です。

後ほどつける場合ですと、ローンも可能ですが、車両購入のローンとカスタムのローン2重で支払うことで月々の出費がかさむ為カスタム中古車が選ばれているポイントと言えるでしょう。


スポンサーリンク


アルファード20系でDIYは可能?

カスタム車までとは言わないが、楽しみつつカスタムしたい場合DIYはおススメです。

かと言う私も素人時代から車のDIYはしており車の整備の知識が無くても可能です。

あとDIYは失敗が付き物ですが、くじけず挑戦することがDIYを可能にしている要因です。

アルファード20系DIYで必要な工具は?

いざDIYをしようと思っても一番悩むのは工具などの道具ではないでしょうか?

DIYでも外装と内装に大きく分かれますが、比較的内装の方が工具も身近にある工具で対応出来、走行に支障のない部分から始めることが可能です。

失敗しても車を動かせるのでDIY初心者でも内装カスタムはおススメです。

工具はホームセンターに売っている工具で充分です。

プラスドライバーは基本プラス1番、2番、3番とありますが、内装で多く使われているのは2番です。

売り場でも大、中、小と見て分かるほどの違いですので見分けはすぐにつくと思います。

ちなみに、大が3番、中が2番、小が1番となっています。

ボルトやナットの取り外しも必要になりますのでラチェットセットも準備しましょう。

概ね自動車で使用されているのは8ミリ、10ミリ、12ミリ、14ミリ、17ミリとありますが、ラチェットセットを購入すると付属している物ばかりです。

中には特殊ネジのトルクスと呼ばれる星型のネジやボルトもあります。

概ねDIYではあまり触らない箇所に使用されていますが、必要に応じて購入すると良いでしょう。

アルファード20系DIY何からしたらいい?

工具も揃えいざDIY!でも何からしたらいいか分からない。そんな時におススメのカスタムをご紹介しましょう。

〇ドアトリムスイッチカバーの模様替え

作業も簡単で見栄えがガラリと変わる点ではドアトリムにあるパワーウィンドウのスイッチカバーの模様替えなどいかがでしょうか?

木目以外にピアノブラックやオリジナルのカラーリングも手軽に出来る為DIY初心者にもおススメです。

DIYの方法はまず、スイッチカバーに合わせて大まかにカッティングシートをカットします。

この時スイッチカバーよりも大きくカットすると貼りやすいです。

貼り方は汚れ、ホコリなどを取り除き、カッティングシートを貼り付けて行きます。

ポイントはスイッチカバー中心から圧力をかけ、外側に逃がすように貼るのがポイントです。

また、ドライヤーなどで温めるとカッティングシートが伸びる為角など貼りにくい場所もフィットするよう貼ることが出来ます。

もし、失敗しても剥がすことが可能ですので何度も挑戦することが可能です。

〇LEDイルミ取付

純正オプションとは違い市販のLEDイルミネーションでも取付可能です。

電気配線に自信がない方でもシガーライターから電源を取り出し、運転席、助手席の足元を照らしたり、間接照明として取付など自分好みにカスタムしやすいのが利点です。

ただし、運転席まわりに装着する場合は配線がペダルなどに干渉しないようにする必要があります。

ペダルに干渉すると配線が断線してしまったり、最悪ペダル操作が出来なくなってしまう場合がありますので、市販の速結バンドなどで確実に固定しましょう。


スポンサーリンク


アルファード20系DIY実例集まとめてみた

実際にアルファード20系でDIYをしている実例をまとめてみましたのでご覧ください。

〇自作ベッドキット

引用https://carinfo.click/alphard/naiso-diy

アルファード20系の車内空間を生かしたカスタムと言えるDIYでしょう。

材料はホームセンターなどで売っているパイプを組み合わせてベッドの骨組みを作っています。

この上に合板を乗せるとベットが完成します。

パイプなので強度的にも優れていますが、何よりも加工のしやすさがピカイチだと思います。

〇自作コンソールボックス

引用:https://carinfo.click/alphard/naiso-diy

市販品の汎用コンソールボックスは販売されている物の、フィット感やDVDデッキの搭載など問題があり、コンソールボックスを自作するツワモノもいらっしゃいます。

言うまでもなくアルファード20系専用設計なのでフィット感や、使い心地など自分なりのカスタマイズが出来る点がDIYの最大の利点を生かした部分です。

画像は木材打ちっぱなしですが、この上にレザー生地などを貼り付けるとあたかも純正風に見えるほどのクオリティとなります。

 

〇他車オットマン流用

引用:https://carinfo.click/alphard/naiso-diy

DIY分野でもう一つの方法が他車からの流用です。

こちらは20系アルファードのオットマンが無いグレードに他車オットマンを取り付けてしまうというツワモノもいらっしゃいます。

ベースは鉄板で作成し、シートと共締めの為強度的にも安心です。

また、他車オットマン流用の為仕上がりもDIYと思えないほどの仕上がりになる所がDIYの楽しみの一つです。

アルファード20系カスタム中古車、人気の秘密、DIY、実例集まとめ

DIYは大小さまざまな物もありますし、手軽に出来る物からあたかも純正オプションのような物までその人の感性と技術が出る所がDIYの面白い所です。

市販品よりも安く済ませるのもありますが、世界に1つしかない自分専用の物を作り出せる面もDIYの楽しみです。

失敗を恐れずチャレンジすることで徐々にクオリティも上がりますので是非DIYにチャレンジしてみてください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!