アルファード30系ではカスタムが主流となっています。

新車購入と同時にオプションエアロの装着や、社外エアロの装着など色々なレパートリーがあり、カスタムしやすい車両となっています。

そこで今回はアルファード30系のエアロメーカー、純正オプション、社外エアロ、モデリスタエアロの後付けは出来るのか、また自分で取付も可能か?

さらにアルファード30系のエアロを選ぶポイントなどご紹介しましょう。


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード30系エアロメーカーは?純正オプション?社外?どちらがいい?

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/ALPHARD_COLLECTION.html

エアロと言っても純正オプションのエアロから社外エアロまでデザインも多種多用です。

純正オプションで有名なのはモデリスタやTRDが有名です。

モデリスタ、TRD共にトヨタグループが製造するエアロですのでフィット感も抜群で査定アップにつながる要因でもあります。

では、純正オプションエアロと社外エアロの違いを見てみましょう。

純正オプションエアロと社外エアロの違いは?

純正オプションエアロと社外エアロの違いを見てみましょう。

ディーラーでの取り扱いがあるか無いか

新車で購入時に大きく影響する部分と言えるでしょう。

ディーラーでの取り扱いがある場合ですと、新車購入時に同時装着可能で、値引き材料として組み込むことも可能です。

しかし、社外エアロの場合、取り寄せて取付は出来るものの、値引き材料として組み込むのは不可能です。

塗装有り無しで値段が大きく変わる

これも純正オプションエアロと社外エアロの違いと言えるでしょう。

純正オプションエアロの場合、塗装済みのエアロがあり余分に塗装費をかけずに装着出来るメリットがあります。

納期も取付の日数のみで可能ですので長い間車を預けなくていいメリットがあります。

一方社外エアロの場合ですと、大半が未塗装の物が多いです。

エアロ代金とプラス塗装費がかかってしまうと気づけばエアロ代の2倍近い金額になっていたってこともしばしばあります。

素材の違い

次に大きく違うのはエアロの素材の違いです。

純正オプションエアロの場合ですと、バンパーと同じ樹脂で成形されていますが、社外品ですとFRPと呼ばれるガラス繊維のエアロとなります。

装着した時のフィット感も純正オプションエアロの場合ですと問題無く装着することが可能ですが、社外エアロの場合、母体のバンパーの加工など追加で作業が必要になる場合があります。

また、社外エアロの場合ロット単位での製造となりますので、ロットの最終あたりなど金型が崩れてしまいフィット感がイマイチになる場合があります。

 

純正オプションエアロと社外エアロまとめ

ここで純正オプションエアロと社外エアロの利点をまとめておきます。

 

純正オプションエアロの利点

・フィット感など違和感なく装着することが可能

・新車購入時の値引き材料にも使える

・慣れている人だと取付も可能

 

社外エアロの利点

・オリジナリティーを出すには最高の物が多い

・塗装費は必要だが、現在装着のバンパーと色合わせが可能で違和感なく装着可能

 


スポンサーリンク


アルファード30系モデリスタは後付け出来る?自分ですることも可能?

新車購入時は予算的にもダメでも後付けでモデリスタエアロは装着可能です。

もちろんモデリスタのみではなくTRDや社外エアロに交換も可能です。

ただし、装着は可能ですが車を預けて作業となりますので代車の手配など必要になります。

サービスカーが空いていると無料で貸し出しの場合もありますが、自分でレンタカーを借りないといけないケースもあり、スムーズに取付を完了させるにはやはり新車購入時などがベストです。

また、新車購入時以外にも、車検の時などもおススメです。

車検で預けると同時にすることで代車の手配などスムーズに出来る場合もありますので空き状況などを確認してみるのも良いです。

しかし、取付には工賃が必要になりますし、出来れば早く装着したいと思いませんか?

実は純正オプションのエアロは自分でも取付可能です。

カスタムが好きでバンパーの取り外し方を知っていて、工具もそれなりにある場合ですと可能です。

実は純正オプションエアロは取付要領書と言う物が存在します。

取り付けの手順が詳細に乗っており、穴あけが必要な個所は型紙も付属しています。

手順通りに作業すれば取付は可能ですが、エアロの両面テープの取り付け方法や穴あけの方法など間違うと落下する危険性もあります。

もちろん落下などで破損してしまった場合も全て自己責任となりますので取付に自信が無い場合は保険代と思い取付を依頼しましょう。

 


スポンサーリンク


アルファード30系エアロを選ぶポイントは?失敗しない購入方法をご紹介!

次にアルファード30系のエアロを選ぶポイントをご紹介しましょう。

主にエアロは外観を大きくイメージを変える為に装着しますが、チョイスミスでもエアロの破損や後々追加でパーツを装着する際装着不可などありますので注意が必要な部分です。

また、他にも要因がありますので項目別に見てみましょう。

近所の地形を把握

エアロを装着したものの、急こう配でエアロを擦ってしまったり、割ってしまうと元も子もないですよね。

そこで普段通勤や買い物などで通る道などを入念に調べることが必要になります。

例えばコンビニなど急こう配なスロープ状の所もあれば、道路とほぼフラットな状態で入れる所など色々あります。

あと、駐車場のタイヤ止めなどの高さもチェックが必要です。

主にローダウンしエアロ装着やマフラー交換している場合ですとエアロやマフラーを破損させる原因となります。

エアロ選びの場合も装着後のダウン量など調べる必要があります。

車高調やダウンサスとの組み合わせ

エアロメーカーでは装着のダウン量は純正サスの状態でのダウン量を指します。

そこに車高調やダウンサスで下げてしまうと思う以上に下がってしまう為、以前擦らなかった所でもエアロを擦ってしまうなどあります。

ダウンサスは下げ量が一定の為、調整が不可能なのでエアロ装着車にはあまりおススメしません。

車高調ですと上げ下げがミリ単位で可能ですのでシビアにセッティングすることが可能です。

導入には10万円以上かかりますが、自由度が効く分エアロとダウンサスの相性は抜群です。

マフラー交換する場合も注意

エアロ装着車の場合マフラー交換する場合は特に注意が必要です。

通常のエアロは純正マフラーや社外オリジナルマフラーに合わせて作られていますので他社マフラーに交換した場合マフラーとエアロが干渉してしまったり、最悪は取付出来ないケースもあります。

マフラー交換はエアロと同時に行うのが一番ベストですが、エアロメーカーなど指定のマフラーがある場合ですとそちらの方が無難です。

 

アルファード30系エアロメーカー、モデリスタ後付け、エアロを選ぶポイントまとめ

純正オプションは新車と同時に装着出来、車両を預けるデメリットが解消されますのでおススメです。

取り付けですが、社外エアロの取り付けもご自身で可能ですが、フィッティングの当たりハズレがありますので技術と経験が必要になります。

社外エアロの装着を考えている方ですと間違いなく装着はお願いした方が無難ですし、取付も綺麗にしてくれます。

エアロ装着してからのトラブルで泣く泣くエアロを取り外して純正に戻すケースもありますので、装着の際は事前に下調べが必要になります。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!