アルファード30系後期が発売開始されもうすぐ1年が経過しようとしています。

30後期用のカスタムパーツも最近増えつつあり、何より目をひくのはエアロではないでしょうか?

そして、エアロ装着と共にドレスアップの必需品であるローダウンも取り入れて大人カッコいい一台に作り上げたいですよね。

そこで今回はアルファード30系後期のオプションエアロの種類、足回り、さらにアルファード30系カスタムで主流のローダウン方法など取り上げてみましたのでご覧ください。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード30系後期のオプションエアロの種類は?

引用:http://trdparts.jp/alphard/

アルファード30系後期のオプションエアロと言えばもちろんモデリスタとTRDではないでしょうか?

モデリスタ、TRD共にトヨタのグループ会社が作るエアロですのでフィット感や耐久性など申し分の無い仕上がりになっています。

モデリスタ、TRD共に価格やオプション内容など見てみましょう。

モデリスタオプションパーツ

アルファード30系後期には標準ボディータイプとエアロボディータイプに分かれており、価格も違います。

標準ボディーの場合ですと、フロント、サイド、リアの4点セットで塗装済み20万4120円、エアロボディーの場合ですと、フロント、サイド、リア、スポーツタイプマフラーカッターの5点セットで、塗装済み25万3800円、上記のセットのスポーツタイプマフラーカッターから通常マフラーカッターに変更の場合、22万5720円、「Executive Lounge S」限定セットとしまして、上記5点セットのサイドスポイラーの変更と、スポーツタイプマフラーの5点セットが25万3800円となっております。

また、標準ボディーの場合クールシャインキットとしまして、フェンダーガーニッシュ、ミラーメッキガーニッシュ、バックドアメッキガーニッシュの3点セットで8万1000円、エアロボディタイプですと、アドバンスドフェイススタイルとしまして、シグネチャーイルミプレート、フロントグリルカバー、ヘッドライトガーニッシュの3点セットで15万8760円の追加オプションパーツも販売しています。

 

TRDオプションパーツ

TRDもモデリスタ同様、標準ボディー仕様とエアロボディー仕様によって種類が分かれております。

まず、標準ボディー仕様ですが、エアロパーツ&マフラーセットとしまして、フロント、サイド、リア、ハイレスポンスマフラーの5点セットでLED有りの場合42万6600円、LED無しの場合、38万8800円、上記5点セットのリアスポイラーの変更とハイレスポンスマフラー無しの4点セットがLED有りの場合、26万4600円、LED無しの場合、22万6800円とモデリスタと同等の価格となりますが、ハイレスポンスマフラー有り無しでは価格が大きく変わります。

また、その他オプションパーツとしましては、フロントフードエクステンション、塗装済み3万240円、Bピラーガーニッシュ3万240円、リアクォーターガーニッシュ3万240円、ドアハンドルプロテクター6480円、TRDオプション19インチアルミホイール、タイヤセット44万4960円、18インチアルミホイール13万3920円、16インチアルミホイールセット7万7760円と豊富にオプションパーツがあり数千円の物からアルミホイール、タイヤセットの44万円ほどまでのラインナップがあります。

 


スポンサーリンク


アルファード30系後期の足回りは?ダウンサス?車高調?エアサス?

アルファード30系後期の足回りについて見て見ましょう。

現在ローダウン方法としましてはダウンサス、車高調、エアサスの3種類があります。

各それぞれ利点もありますので見て行きましょう。

ダウンサスの場合

手軽にローダウンするにはダウンサスがおススメです。

何よりも数万円でローダウン出来る為、コストは安く済む為ライトチューン向けにはおススメです。

純正車高より4センチダウン程度で抑える場合ですとダウンサスがおススメです。

また、バネレートのチューニングにより乗り心地が変わる為、下げ量とバネレートに意識して選ぶようにしましょう。

足回りの交換は知識と技術があれば出来ますが、ダウンサスの交換はあまりおススメしません。

専用の工具があるのであれば別ですが、ダウンサスの交換の時に大きなケガに発展する可能性もありますのであまりおススメしません。

もし取付後、足回りに異常がきたしても保証は受けれませんのであくまで自己責任になります。

車高調の場合

フルコンプリートカーからデモカーまで使われている足回りです。

ダウンサスとは違い、サスタワーのダイヤルの調整で車高を上げたり、下げたりできる為自由度がかなり広がります。

また、ショックの減衰調整付きの物も便利でコーナリングの比重を見て調節するなど乗り心地に特化した使用方法もありおススメです。

価格は10万~30万円ほどしますが、取付後の微調整が出来る為おススメです。

エアサスの場合

エアサスに変えると一番の利点は車高の上げ下げを車内でコントロールできるので便利です。

また、エアー量を変えることによって乗り心地を変えることが可能ですのでローダウンの中では一番自由度はあります。

しかし、導入コストが車高調よりはるかに高く、また車高の上げ下げをエアーで行う為、サブタンクを車内に増設する必要もあり、機器の故障により車高が変更できなくなると言うリスクもあります。

 


スポンサーリンク


アルファード30系で選ばれているローダウン方法は?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファード30系で最も選ばれているローダウン方法をご紹介しましょう。

上記の項目ではローダウン方法3種類をご紹介しましたが、ダウンサスでは下げ量を変える場合、スプリングごと交換となり手間もかかりますが、費用が一番安く抑えれる点が利点です、

エアサスは車高を自由に変更できる為、自由度が一番高いローダウン方法ですが、導入の初期コスト、トラブルの場合の対処方法などカバーしにくい面もあります。

車高調はダウンサスほど安くはないですが、タイヤを外し、専用工具で車高を調整できる点と、エアサスとは違い車高調は全て機械式の構造を組み込んでいますので、機器のトラブルなどが起こりにくく、対処しやすい面とエアサスよりはるかに安く導入出来るメリットがある為選ばれています。

中古車で販売されているエアロコンプリートカーやフルエアロ車に採用されるほど耐久にも信頼があり、壊れにくいのでおススメです。

 

アルファード30系オプションエアロ、足回り、ローダウン方法まとめ

純正オプションエアロでもTRDの場合ですと40万円オーバーのセット品もあり価格の高騰が嘆かれているのが伺われます。

ローダウンすればするほど乗り心地が低下しますのでほどほどに下げるのがベストです。

足回りは車高調を選択し、最高下げ量の半分程度で設定し、前後バランスを整えると良いでしょう。

また、車高調も消耗品ですので、メンテナンスや交換が必要な場合があります。

車高調にローダウンサスを組み合わせるなど過酷な使い方をするとショック抜けが発生し、乗り心地が極端に悪くなる可能性があります。

下げ量とボディーバランスを見ながらほどほどにローダウンしましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!