アルファード30系がマイナーチェンジして1年ほど経過しようとしますが、現状でも納車待ち状態が続いており、人気の高さを感じられます。

前期との大幅な変更は何よりもグリルデザインが横から縦ラインに変わりエレガントさが増したことではないでしょうか?

そこで今回はアルファード30系後期の口コミのご紹介や、新車購入時の値引き額、値引きの合格ライン、さらに、30系後期の中古車市場の情報をまとめましたのでご覧ください。

 


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード30系後期の口コミをまとめてみた

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファード30系後期の口コミをまとめてみましたのでご覧ください。

30代 男性 Aさん グレード X

「20前期の3.5、7人乗りからの乗り換えです。
今回は8人乗りが欲しくなり、グレードXにしました。
【エクステリア】
前期は外装が気に入らず購入まで至らなかったですが、後期になってフロントマスクがシャープになりました。

前期のフロントマスク形状だったら我慢して乗り続けてました(笑)
【エンジン性能】
前回の車が3.5Lなので、力不足を感じると思っていましたが、出足などはあまり大差がありません。

ただ坂道や追い越し時など力不足感は少し感じますが、普通に走る分には十分なレベルです。
車内も静かで大量の荷物を載せる場合もありますが、楽に運転出来ます。

【走行性能】
ブレーキ性能が各段に上がっているように思いました。

20系は踏み込んで止まるような感じでしたが、30系はスーっと止まるような感じです。

【乗り心地】

背の高いミニバンなので乗り心地を考えるとバネが少し柔らかいと思います。

横のGをもろに受けやすい形状なのでフワフワ感は仕方ないですね。

ローダウンかバネレートを上げると多少はマシになると思いますが現状で満足です。

【燃費】
市街地で約9km、郊外で11km、高速では15kmと言う所ですかね。

20系からの乗り換えなのでだいぶ燃費は向上しているように思えます。

【価格】
現在はどの車種も価格が上がっている為仕方ないと言えばそれまでですが、アルファードに関しては高いです。

ベースモデルは300万円前半で購入出来ますが、豪華なセカンドシート、ハイブリッドと追加して行くと軽く200万円はアップします。

オマケにオプションも高いのでなかなか手が出ません。

【総評】
20系は不満ばかりでしたが、30系後期に乗り換えてから改善が見られましたので納得ですね。

実用性にも便利で8人乗れるミニバンとしては一番ではないでしょうか。」

 

40代 男性 Bさん グレード S Cパッケージ

「結婚して、子供が生まれ家族と両親と一緒に旅行に行く時に車内が広い車が欲しなり、7人乗りのミニバンを探していましたが、アルファードがダントツの車内の広さだったので購入を決めました。

決断したのが2017年の5月でしたが、新型アルファードの噂が出回っていましたので発売まで待っていました。

今年1月に契約し、納車は4カ月後の5月に納車されました。

やはり人気の車種で試乗車もひっきりなしに出ており、人気の高さを感じました。
【エクステリア】

新型アルファードの展示発表会ではフロントマスクが奇抜すぎると思っていましたが、今ではシャープな顔立ちに見え気に入っています。

慌てて前期を購入したら後悔してたと思います。

【インテリア】
結婚前から軽自動車がメインでしたが、今回は増車で購入しましたが、流石にゴージャスです。

シート、内装、乗り心地どれをとっても各段に良くなっています。

当たり前ですが、軽自動車である風切り音なども感じることも無く、車内は静かで気に入っています。

【エンジン性能】

軽自動車からなので不満は一切ありません。

ふと気がつくとスピードを出しすぎている時も・・・

【走行性能】

背の高い車ですのでカーブではロールします。

元々走る車ではないのでゆっくり走るが基本です。

【乗り心地】

段差などでもショックをあまりボディーまで感じることも無く、うまく吸収していると思います。

軽自動車との比較しかできませんのであまり参考にならないかと・・・(笑)

【燃費】
市街地では10kmほど出ますので燃費は良い方だと思います。

10年前の軽自動車と同じくらいの燃費でアルファードとなると2.5Lエンジンですのでかなり燃費は良いと思いますよ。

【価格】
2.5SCパッケージにあれこれ付けると気が付くと500万円オーバー・・・

オプションのことで妻と喧嘩になりましたが、私がメインで乗るので押し通しました。

オプションの多さもさることながら、価格が高いのでなかなか嫁のOKが出ませんでした。

【総評】
買うと決めてから駐車場の問題などもあり、1年以上経過してから購入しましたが、結果は後期を購入出来て満足です。

これから大事に乗って行こうと思います」

 

エクステリアの評価は30前期よりも高く、最初は奇抜なデザインと考えていた方も多いようですが、慣れてくると高級感が増したようなデザインとなり好評です。

ただ、本体価格、オプション価格が高いことが評価でも多く挙げられていました。


スポンサーリンク


アルファード30系後期の値引き額は?値引きの合格ラインは?

次にアルファード30系後期の新車値引き額を見てみましょう。

現在、納車待ち状態が続くほどの人気がある為、値引きもあまり見込めません。

上限としまして、車体本体価格で10万円の値引き、オプション込みの値引きで20万円の値引きがリミットと見てよいでしょう。

値引きを有利に進める為には、複数店舗の見積もりを出すのと同時に情報収集も必要です。

対抗馬となる車種はアルファードの宿敵とも言えるニッサンのエルグランド、最近フルモデルチェンジを完了し、7人乗り高級ミニバン市場に参入したホンダのオデッセイなど強敵が居る分、値引き交渉の材料として持ち込みましょう。

また、お客さんの多い土日祝の昼間は避け、ゆっくりと商談できる平日の昼間や雨天の時など比較的お客さんの少ない時を狙って交渉するとうまく値引き金額を引き出せる場合もあります。

値引き交渉のポイントをおさらいしておきましょう。

・土日祝はサービスなどのお客さんも多い為避ける

・月初めより、月末が狙い目

・雨天など通常来店したくない日を選ぶと営業マンも手薄で交渉が有利になりやすい

・オプションの値引き材料としてボディーコーティングを追加すると良い

 


スポンサーリンク


アルファード30系後期の中古車は?

次にアルファード30系後期の中古車を見てみましょう。

現在中古車市場では新車が人気で品薄の為、中古車市場にもあまり出回っておりません。

後期は発売から1年もたたない為、もし走行距離が1万キロの中古車が出回っても新車と比較しても20万円ほどの差しか無く値段は据え置き状態が続いています。

20系アルファードを見て見ますと30系後期の発売後徐々に値段を下げつつあります。

30系前期も20系まで及ばずも、徐々に価格を下げつつありますので今後の30系後期の納車待ちが解消されてからが中古車市場での狙い目となるでしょう。

アルファード30系後期口コミ、値引き額、値引き合格ライン、中古車まとめ

広々とした車内で、乗り心地も良く家族や両親との旅行などにもピッタリのアルファード30系後期ですが、フロントビューの改善、追加アシスト機能の充実と30系前期と比べても改良点が多くあり魅力的な車と言えるでしょう。

納車待ちも続き、中古車市場の台数も少なく狙い目の30系後期はなかなか出回りませんが、コマメにチェックすることで新車値引き以上の代物が出回る可能性もありますので中古車市場にも注目が必要です。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!