アルファード新型が人気を集めていますが、中古市場でも30系前期型などを中心に売れ行きを伸ばしています。

高級車の代名詞とも言えるアルファードですが、今回は中古車市場に視点を置き、アルファードの中古相場、歴代アルファード別、アルファードの中古車を購入する時のポイント、さらに、中古車購入時などで乗り換えを考える際に高額買取に結び付ける方法などご紹介しましょう。


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード中古相場はいくら?歴代アルファード別では違いはあるのか?

引用:https://toyota.jp/alphard/

現在アルファード30系後期3.5Lエグゼクティブラウンジが本体価格875万円を筆頭に価格を上げています。

通常新古車、カスタムカーが上位を占めるのですが、アルファードの場合ですと純粋な中古車が上位にランクインしており、品薄の状態が続いている現状が伺われます。

では、歴代別にアルファードの中古相場を見てみましょう。

10系アルファードの中古相場

新車発売は2002年5月から2008年4月までと16年から10年落ちのグレードです。

最高価格はロイヤルラウンジを筆頭に159万円前後から29万円前後までのラインナップがあります。

年式は劣るものの、走行距離1万2000kmと低走行な物まであり、価格も128万円前後とお買い得な物もあるのが魅力的です。

10系アルファードのカスタムカーとしましては平成16年式、走行距離2万キロ、修復歴無し、社外フルバンパー、社外アルミホイール装着の車両で総額89万8000円とリーズナブルなカスタムカーがあるのも魅力的なグレードと言えるでしょう。

 

20系アルファードの中古相場

2008年5月から2014年12月まで発売されました2代目アルファードです。

最高価格は3.5Gプレミアムシートパッケージの442万円を筆頭に最低価格は2.4の99万4000円と初代と比べると中古車市場では主流の商品です。

低走行車でピックアップしてみますと、2.4の場合走行距離2000km、総支払額295万円から3.5の場合、走行距離8000km、総支払額350万円前後と現行の30系と比較すれば比較的安価に手に入ります。

カスタムカーで見ますと、社外ハーフエアロ、TRDマフラー、社外アルミホイール、ローダウンの3.5のアルファードが376万円前後とカスタムカーの人気を伺える金額となっております。

 

30系アルファードの中古相場

2015年から発売されている現行モデルのアルファードです。

中古相場もエグゼクティブラウンジの登場でググっと最高額が高騰しています。

現在最高価格は、ハイブリッド 2.5 エグゼクティブ ラウンジ S ロイヤルラウンジ 4WDで1780万円と1千万円を超えるモデルも発売され中古相場を上げている物の、最低価格は平成25年式、2.5X走行距離が7万8千キロで245万円と前期モデルが若干値段をさげつつある状態です。

30系で狙い目となるのはやはり前期型で新古車が399万円前後で販売されていますので今がお買い得です。


スポンサーリンク


アルファード中古を購入する時のポイントとは!?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

中古車と言えども高い買い物に違いないので少しでも上質な中古車を選びたいですよね。

そこで、私がおススメする中古車の選び方をご紹介しましょう。

走行距離は4万キロ未満

走行距離が多ければ多いほど後々のメンテナンス代が高くなる傾向です。

コマメに整備している10万キロオーバーの車両と、オイル交換すらろくにせず10万キロオーバーの車両では大違いです。

残念ながら中古車市場の場合、メンテナンスの記録が分かりにくい為、どこまで整備されているのかが分かりません。

なので、走行距離が浅い車両を選ぶことによって後々のメンテナンス代を軽減出来ます。

予算に余裕があれば、1万キロ未満の車両を選ぶのがベストですが、最低でも4万キロ未満の車両を選ぶようにしましょう。

修復歴ありは選ばない

修復歴とは車を事故で修理した場合修復歴と言う物が付きます。

パンパーやボンネット、ドアやフェンダーなどボルトで固定されている箇所の修復のみですとまだ安心できますが、車の骨格とも言えるフレームまで修理した車両はあまりおススメしません。

相場としまして、修復歴ありの場合ですと同グレードでも20万円以上安く手に入る利点はありますが、後々のトラブルなどを考えるとあまりおススメしません。

実際に車を隅々まで見てプロの板金屋さんレベルでないと分からない修復跡を見抜けるほどの目利きが無いとおススメしません。

中古車でも値引き交渉はあり

あまり中古車では値引き交渉の話は出ませんが、実は中古車でも値引き交渉は可能です。

最初の値引きラインは10万円以上で様子を伺いましょう。

場合によっては30万円以上値引きが実現する可能性もありますので是非挑戦してみましょう。

また、新車ではオプションパーツでの割引がありましたが、通常の中古車ではオプションパーツでの割引は一切ありません。

ディーラーの中古車ですとオプションパーツでの割引も可能な場合がありますので欲しいオプションがある場合はディーラーで値引き交渉してみてはいかがでしょうか?

アルファード中古についてはこちらも


スポンサーリンク


アルファード中古相場で売却時に高額買取に結び付ける方法は?

今まで大事に乗っていた愛車を手放すのは心苦しいですが、中古車売却の時に少しでも高く下取ってもらえると嬉しいですよね。

そこで、中古車売却時に高額に結びつける方法をご紹介しましょう。

外装は査定前に洗ってピカピカにする

査定するのも人間ですので汚い車と、隅々まで洗車して綺麗な車では印象が全然違います。

今までの感謝を込めて最後は隅々まで洗車してみてはいかがでしょうか?

洗車をコマメにする人でも忘れがちなのはエンジンルーム内、ボンネット裏、ドアの裏、マッドガードなど普段では気にもしていない箇所も査定する側はチェックしますので隅々まで掃除しましょう。

隅々まで綺麗だと手入れが行き届いているイメージを持ちやすい為、減額査定などはなりません。

また、洗車後、ワックスやコンパウンドなどで小傷を消しておくのもポイントです。

中古車市場では小傷などもチェック項目に入りますので落とせる傷は落としておきましょう。

内装はシート下、ラゲッジ下など入念に

車内の清掃は掃除機で済ませるのが大半ですが、車内にはいろいろな隙間があり汚れが溜まる他、小銭など挟まりやすく見落としがちです。

隅々まで清掃し、ダッシュボード、ドア、ハンドル廻りの汚れなど取れる汚れは取っておきましょう。

実は取れる汚れでも減額査定に入りますので注意が必要です。

特にあまりあけることがないラゲッジスペース下など色々な物が挟まり込みやすい形状となっていますので入念に掃除しましょう。

アルファード中古相場、購入ポイント、中古車買取まとめ

全体の中古相場を見ましても新車価格が30系で各段に上昇し、中古車市場の高値を上げているものの、10系アルファードの低走行車などお値打ち価格で購入できるメリットもあり狙い目の車種と言えるでしょう。

もし、自分好みの中古車が店頭に無い場合でも直接オークション会場で落札してもらえる店もありますので、グレード、価格、必要な装備などを伝えておくと探してくれますので有利に購入することが可能です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!