幅広い年齢層から支持されているアルファード。

先月、マイナーチェンジした新型が発売されましたね。街中でも旧型や新型など様々なアルファードをよく見かけ、その度にカッコいいな~、あの色は渋くていいな~!と思っていました。

次々と新型が発売される中、昔も今も変わらず人気ですよね!

新車が人気なのは分かるけどなぜ中古車までもが人気なの?!

車初心者の私から見て20系30系ってそもそも何?!と疑問に思ったので…

今回はアルファード中古20系、30系についてスポットを当ててみたいと思います!


スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

作業は簡単♫ 必要事項を入力するだけ!!

1分で申し込み完了

「完全無料で高く売りたい!!」

という方は

今すぐ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルファード中古20系が人気の秘密とは?

引用 https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E3%82%…

まず20系は二代目、30系は三代目と呼び方のことでした!こんな簡単なことだったんですね!

それはさておき...

アルファード20系とは、「威風堂々、ミニバンの頂点」をテーマに2008年にデビューしました!新搭載のふたつのエンジンを設定。

新プラットフォームの採用により、室内空間の拡大と乗降性の向上が図られ、装備も充実しました。

そして、初代10系よりも燃費がいい!

20系のアルファードからミッションがAT(オートマチックトランスミッション)からCVTに変わりました。

CVTは、変速ショックがなくスムーズに加減速できることや、車速や加減速状態にかかわらずエンジンを効率の良い回転数と負荷領域で運転できることが特徴です。

そのため、CVTが搭載されていることで燃費面ではかなり差があると感じました。

最近のミニバンには、低燃費タイヤのバリエーションが充実してきているのでまだまだ燃費を向上させることも可能です。

長く乗ることを考えると燃費がより良いほうが断然いいですよね!

また、安全機能も進化しました。

車線の逸脱を防止するレーンキーピングアシスト(LKA)や、ミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティシステムが追加されました。

運転していると右側、左側に寄ってしまったことありませんか?

私は何回も経験があるため車線の逸脱を防止してくれるのは大変助かります^^;

他にも、インテリジェントパーキングアシストといった車庫入れや縦列駐車を助けてくれるオプションもあるようです!

車庫入れはまだしも、縦列駐車はなるべくしたくないと思ってしまいますが、こういったオプションがあればなんとか駐車もできそうですね!


スポンサーリンク


アルファード中古20系後期はお得なのか?

引用 https://twitter.com/aqua84111/status/9336335115414…

アルファード20系後期とは、2011年にマイナーチェンジしたモデルです。

旧型よりも全高が低くなっていますが、フロアも低くなっているため室内が更に広くなっています!

中でも、上級グレードのプレミアムシートパッケージには二列目のシートにオットマンが付いています!デザインもすっきりしており古臭さも感じられないかっこいい車になっていると思います。

アルファード前期と後期、購入するならどちらがいいのかと思い調べてみました!

20系前期の中古車相場

最安価格帯

110~130万

中心価格帯

195~215万

最高価格帯

310~330万

 

20系後期の中古車相場

最安価格帯

150~170万

中心価格帯

250~300万

最高価格帯

350~400万

前期型なら、110万~130万円台で最安の中古車を手に入れられます。

ですが、安いものにはそれなりの理由があるようで走行距離15万~20万キロオーバーの過走行や、10万キロ以下の中古車は修復歴ありなど、妥協する部分はあるようです・・・。

後期型は、最安価格帯150万~170万円台で購入できます。新たにハイブリッドモデルも加わり、JC08モードで17.0㎞/Lの低燃費を達成しました。

どちらにも言えるのは、最安価格帯よりも選択肢が豊富な中心価格帯の中から選んだほうが納得できる高品質な車を購入できると思います。

前期、後期を比較すると後期のほうがお値段は多少上がりますが、長く乗ることを考えていくと後期のほうがお得だなと個人的に感じます!

アルファード中古情報はこちら


スポンサーリンク


アルファード中古30系って実際人気?口コミ調べてみた

引用 https://xn--bckb2jwb8fqe8352awwxa.com/archives/415

アルファード30系の開発のコンセプトは「新しい大空間高級サルーンの先駆者を創造」

であり、ミニバンの枠にはまらない高級車としての、揺るぎないポジショニングを確立するために開発されたモデルです。

メッキを多用した大型フロントグリル、抑揚のあるボディサイドフォルムなど、「豪華・勇壮」をテーマに迫力あるボディデザインが特徴になっています。

初めてこの車を目にしたときは、この車イカついな~!という印象が強くありましたが、

見るたびに、あのグリルはカッコいいのではないか?と思うようになり

今ではアルファードが通ると、おっ!と反応してしまいます(^^)

そこで、アルファード中古30系は人気なのか口コミを調べてみました!

女性Cさんの口コミ

「合皮シートですが高級感あります。静粛性が高く乗り心地良いです。車内も広いのでくつろいで乗れます。燃費は思ったより悪いです。街乗りリッター10キロくらいあると思ったのですが。」

男性Fさんの口コミ

「走行性能、前期型と大きく変わりました。ハンドリングがとてもスッキリした感じで、車体もハンドルそのものも軽くなったように感じます。今回のセーフティーセンスはLKAも含めてかなり期待できるし、実際にLKAを試した感じでは高速道路での安心感が得られそうです。とはいえ、過信は禁物ですが。

燃費…私の環境では、市街地8㎞弱、真夜中の田舎道11㎞、高速10~12㎞。乗り方でかなり変わります。」

男性Bさんの口コミ

「エンジン性能は普通に走っている分にはパワー不足も特に感じず、低回転で推移してくれるので、静粛性も高いと感じます。」

男性Oさんの口コミ

「普通に走るには十分ですがどうしても加速する際にアクセルを踏み込むとエンジン音がうるさく感じます。(回転数3500以上は思った以上にうるさいです)その分加速はちゃんとしてくれます。」

男性Aさんの口コミ

「乗り心地、サイコーです!酔いやすい嫁さんが、揺れが少ないから酔わないと言って、出発して10分くらいして快適すぎて寝てしまったくらいです!試しに2列目にも乗ってもらいましたが、助手席と快適性は変わらないと言っていました。外の音もあまり聞こえないので、車内空間を快適に過ごせます。」

燃費面での感想は人それぞれでしたが、総合的に見て満足している方が多いですね!

乗り心地も快適なようです!

私の友達がディーラーに勤めているため、30系後期を試乗させてもらったことがあります!乗ってみてまず思ったことは乗り心地がとても良いこと!

シートがふかふかで感動しました!

そして走行中とても静かで快適に運転することができました。

以前からカッコいい車だなと感じていたのですが、試乗してみて更に良い車だと実感しました(^^)

友達も30系は安全装置と乗り心地を売りにしていることや、とても人気がある車でお勧めだと言っていました!

アルファード中古2030系人気と口コミまとめ

いかがでしたでしょうか?

20系30系どちらも人気があり満足度も高いことが印象的でした。

エンジン性能や走行性能は良いほうがもちろんいいと思いますが、この車に乗りたい!と思う気持ちが一番の決め手ではないかと思います。

また、外装・内装、乗り心地など、乗っていて気分が上がったり、快適に車内で過ごせる環境も重要だなと思います。

となると、実際に乗ってみてとてもよかったと感じたアルファード30系が個人的に1番だと思います!

みなさんもぜひお目当ての車に乗ってみてください!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車がほしい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!